News

令和元年9月1日 東京農大グリーン研究会講師 M4Eプログラムデモフライト
令和元年8月27日~30日 中国TTA本社へ研修及び打ち合わせ
令和元年8月20日 農水省農薬散布ドローン規制改革の説明会出席
令和元年7月26-27日 群馬県クボタ 本店M4E,M6Eドローン展示説明
令和元年7月24-26日 東京ビッグサイト i-Constraction
………………………..西武建設共同ラインドローン展示説明
令和元年7月20日 群馬県クボタ 伊勢崎店M4E,M6Eドローン展示説明

東京農大グリーン研究会

この研究会の講師として初回は5-6年前に初講師として農薬散布ドローンについて語った。今回は3度目で、最近の進化した農薬散布ドローンなど、プログラム飛行を主にお話をさせていただきました。
20190901_1_東京農大グリーン研究会

20190901_2_東京農大グリーン研究会

VTOLドローン(TTA SP-9)

VTOLドローン
約90分の飛行時間と片道50km(往復100㎞)の飛行性能を持っています。プログラム飛行と3Dマッピング、サーマルカメラなど搭載して飛行。
▼完全自動飛行の様子
DSC04404

農薬散布DRONE 強風時の飛行

TTA M6Eシリーズは9リットル仕様として3年前に発売開始。TTAの主力商品となっています。現在は10リットル仕様に変更されて動力部分もパワーアップ。さらにグランドステーションを利用してプログラム飛行が行えるようになっています。
ライティングシステムにより夜間散布及びFPV仕様において画像を確認するこもできます。
この飛行は、風速10m/s以上の環境下での自動飛行を行ってみた。(中国北京TTA本社飛行試験専用敷地内)
M6Etest

▼ライティングシステム(夜間プログラム散布飛行目的)

ハイブリッド型 農薬散布ドローン

いよいよハイブリッド型農薬散布ドローンを間もなく弊社で発表します。
農薬タンク容量は10リットル仕様。充電しなくても発電したエネルギーで
フライトするモデルです。手軽なモデルのハイブリッド式では日本初。
最大離陸重量23㎏の仕様となります。(本体重量13㎏)
M4H-MF

ラインドローン(縦軸テスト)

2018年春に縦軸ラインドローンをテストした様子。(50mのクレーンを使用)
その後も、建造物を使って弊社では検査目的に改良し、テストフライトを繰り返しています。来月には、最終的な大型建造物に対する最終テストも行う予定で、今現在でもテストは繰り返し行っています。

新機種 農薬散布ドローン

2019年販売開始に向けて、新機種モデルを試験フライト中。
農水協認可取得向けて進めています。
中国大手メーカーTTAの農薬散布ドローン。すでに中国では
多くの販売実績があり、プログラム飛行も実施しております。
日本では認定基準に準じた仕様に改良中です。

SS3000 PV動画 2019年販売のご案内

スカイスプレー3000(SS3000)農林水産航空協会認定モデル
ベーシックモデル 低価格版として今年発売。小規模農家、共同保有農家を対象。
3リットル使用とロースペックですが、今年40ヘクタール散布された農家もあり、
活躍しています。今年の販売した機体はすべてトラブルなく散布をされている状況。
2019年向けに、特別価格の販売受注を行います。
(受注期間:2019年11月末まで)
すべての経費等はここをご覧ください。