VR撮影に伴う研究

弊社では現在VR用として360カメラ搭載型ロースペックDroneを作りました。通常の
Phantom等の機体では利用できない撮影方式のものです。価格は12万程度予定。
また、Droneは低高度空撮に向いており、高高度空撮は実際に弊社でフライトし撮影を
行うテストを何度も繰り返しております。弊社と共同で開発、技術協力を望まれる方はお気軽にご連絡をください。高高度空撮においては国内・海外問わずVR向けに撮影を今後も行っていきます。
※下記の写真は5/21に群馬県と新潟県境にある谷川岳上空3700m付近で撮影。2015,2016年は富士山山頂フライトも行っています。今年で26年目のフライト実績があり空撮は25年行っています。
2017052101 DSC02097 G0175329

Turbine Drone 

弊社ではスタンダードムーブ社との共同開発で2013年からTurbineを搭載したDrone開発を行っております。最近までは非公開で研究を行い、これまで多くのテストを繰り返し行っております。電動大型Droneでも安定した制御をさせるには多くの苦労を要していました。この経験とTurbineに対しても同等の苦労を得ており、弊社ではドイツ、イギリスとTurbine企業において技術を学び、多くの問題を解決してきた経験をこのTurbineDroneに注いでいる状況です。独自のプログラム、制御系には新たな専門スタッフがこれからは加わり、より大きな未来に対して研究を進めていくことと思います。既に世界を通じて関心を得られている状況でもあり、今後は徐々に実用化に向けた改善、改良を加えていくことでしょう。開発環境も法律に厳しい日本では限界もあるので、国内ではできる範囲の研究開発で、海外でも試験を行う必要は出てくることでしょう。このTurbineDroneの試験において学ぶ要素は多くあり、この研究成果を利用し汎用ドローンへも反映されていくことと考えています。
このTurbineDroneの特徴は、高出力型動力ユニットでどこまでの目標とVisionが得られるのかは未知数です。この試験機のスペックで最大出力は320kgの推力を持っています。この推力は輸送能力と輸送スピード、コストに関して現実可能な目標値へ近づけるための第一号の試験機となります。誰も行っていないことを現実的に開発する。大きなコスト、時間。これらは誰もがやっていないからこそ魅力ある研究開発となり、多くのサポートを得て今後、徐々に理想と現実に向けて改良しチャレンジしていくことと思います。
161110

DJI MAVIC PRO

早速、テストフライトを行ってみました。テストフライトさせた結果、素晴らしい機体であることは言えます。但し、追跡テストも何度か行いましたが、暴走したこともありました。解除には時間がかかるため初心の方には追跡機能のお勧めはできません。

農業活用ドローン

弊社では現在、農林水産省認定モデルの開発を今年初めから行っております。これまで多くの問い合わせ等がありますが、詳細の説明等は大手農業企業との提携により伝えることはできておりませんでした。今月末には、発表できるようにする予定です。
ドローン本体、散布機の開発、試験は現在も急ピッチで行っております。少しでも良い機体で納得できる商品開発を行っています。弊社の農薬散布型ドローンは販売開始後3年が経過し、多くのユーザーの要望、問題点を考慮したモデルとなります。
また、弊社ではすでに海外向けのASEAN事業にも加入しており、出荷しております。
旧モデルではありますが、海外向けにも力をいれております。また、作物生育状況を監視するセンサーを利用したフライト試験も海外で実施中です。東南アジア系の進出により年間を通じて多くの農作物にドローンを使った試験も行います。使用頻度による耐久性、散布等のデータ収集を行っており今後の進展に大きく役立てるようにします。
※弊社の新型農薬ドローンの発表はDMにて資料を今月末に発送する予定です。ホームページ上には詳細の掲載は現在のところ、予定しておりません。新型ドローンの資料請求は弊社へ前もって、ご連絡をお願いいたします。
agri▼農作物生育状況を調査するセンサー搭載ドローン(3DRsoloでも弊社対応可能)
p3_spec▼3年前の農薬散布ドローンの写真です。これからの大きな進化版を11月末に発表。
ss_photo